カタカムナ研究家・吉野信子 オフィシャルサイト

カタカムナを学ぶ意義

「カタカムナ」は、数万年前の日本人が祀っていた「神の名」だと言われていますが、 実はつい最近まで忘れ去られ、誰も知りませんでした。
1949年に、楢崎皐月(ナラザキ コウゲツ)氏が、六甲山系の金鳥山で「カタカムナ文献」を再発見しました。楢崎氏はその文献を数十年にわたって研究し、古事記などの御神名を頼りにその読み方を解明しました。その結果、ようやく「カ・タ・カ・ム・ナ」という神の名が日本に蘇ったのです。

日本の縄文時代以前に生まれたであろう「カタカムナ」は、日本語の原点であり、日本を日本たらしめている根源ではないかと考えられます。私たちの祖先が現代の私達に一体何を残してくれていたのか?私たちが意識せずに振舞う日本人的な行為は、このカタカムナが源ではないのか・・・神とは何か?宇宙とは何か?自分とは何か?・・・カタカムナの言霊と数霊で、これらの壮大で根源的なテーマをひも解いていきたいと思います。

カタカムナの研究を通して、日本語の「ヒフミ48声音の思念(言霊・数霊)」を発見しました。
その48声音の言霊を「マスターキー」として、古事記の内容が突然手に取るように理解でき始めました。日本人と日本語の源流ともいえる「カタカムナの知恵」により、日本の謎が一つ一つ解き明かされていきます。

これらは、新しい世界の創造に向けて、必ず役に立つ、古代から伝えられた人間の叡智です。今、古くから日本に伝えられてきたモノ達が、一斉に語り始めています。そのささやきに耳を傾け、一緒に日本の謎、そして生命の謎を解明していきませんか?
不思議で驚異的なことは、日本の古代の文明が、現代の科学を凌駕しているという事でした。超ヒモ理論、量子力学、相対性理論・・・それらの原理が、カタカムナや古事記のあちこちに描かれています。皆さんにお伝えしたい事がたくさんあります。

吉野信子

ロンドンパラへの誓い

ロンドンパラリンピック大会2012・ゴールボールチーム金メダル受賞
六人全員の選手から金メダルをかけてもらって感無量の私・・・

クリックで音声を再生

ロンドンパラリンピックが終了して2か月後、私は、夢がかなった原因の一つは、選手それぞれが立てた誓いの言葉・・・「ロンドンパラへの誓い」の言霊にあったのではないか・・・と思い立ち、カタカムナの思念で読み解いてみました。すると、その思念の中には、日本チームが志したロンドンパラリンピックへ向けての「チーム力の向上」と「中国との決勝戦での試合展開」などがそのまま表現されていたのです。

「ロンドンパラへの誓い」として、事あるごとにチームが斉唱してきた「誓いの言葉」の「言霊」が、そのまま現象化していた・・・この体験により、私は、「言霊」が「現象化」を引き起こしていることを確信しました。

本文+(カタカナ読み)+ < 備考 > 思念読み + 解釈

ありがとう
(アリガトウ)

ゴールボール(視覚障害)の女子決勝で日本は中国を1―0で破り、金メダルを獲得した。今大会、日本選手団の金メダルは4つ目。日本の団体競技での金メダルは夏季、冬季を合わせてパラリンピック初の快挙

感じる離れた内なるチカラ
統合が生まれ出る

感じるバラバラに離れた内なるチカラの統合(チームワーク)が生まれ出る

勝つとは自分に勝つ事
(カツトハ ジブンニ カツコト)

勝利の要因をたずねると、選手もコーチ陣も誰もが「チーム力」と口にした。

チカラ集まり統合し、引き合う
示し大きく増えてブン圧力がかかる。
チカラ集まり転がり入って統合する

皆のチカラが集まって統合され、
お互いに引き合い、チーム力が大きく増えて、シッカリとまとまる。
皆の力が合わさって一つになる。

さあ、上を向いて、階段を一歩一歩昇り、
(サア、ウエヲムイテ、
カイダンヲ イッポイッポ ノボリ)

遮り(相手チームのディフェンス)を感じて生まれ出て移るモノ(投球)が、奥深い存在(ゴール)へ広がり伝わろうと発信される。 (選手の)チカラ意志は、分かれた大きな奥深い存在ダンヲ(相手コートのゴール)を目指し、意志集めて(ボールを)引き離し意志集めて(ボールを)引き離しながら、(試合)時間が経過する中で引き離された所へと(ボールを)離す。

(投球を)遮ろうとする相手のディフェンス力を感じて、その隙間を狙い、生まれ出た投球が、相手コートのゴールに入る事を発信する。
選手は、自分の力を投球に伝え、相手コートの奥深い存在(ゴール)へと、伝わる思いを集めては引き離し(投球し)、伝わる思いを集めては引き離し(投球し)ながら、試合時間は経過し、引き離されたゴールへと(ボールを)離す。

頼むよ、仲間たち
(タノムヨ ナカマタチ)

分かれて(=対戦して)、(試合)時間が経過し、(ボールがゴール)に広がると(得点すると)、(状況が)新たな状況で、チカラを持つ受容(=チームのセンター選手)が分かれて(ペナルティ状況で一人でディフェンスする)、(身体とボールを)凝縮 する(ディフェンスで選手は身体を盾として硬直させ防御する。また凝縮とはボールの動きを凝縮し止める意味もある)

対戦して、時間が経ち、投球がゴールに入って得点すると、新たに、ペナルティ状況となり、ディフェンスの要(核)であるセンター選手がひとりで守備をして、見事に相手チームの得点を防いだ。
先制点を勝ち取り、センターの選手はペナルティを乗り切る

何があっても 本気で集中
(ナニガアッテモ 
ホンキデ シュウチュウ)

<新聞から>
「(金メダルまで)もうちょっとだ。最後の最後まで集中しようと
思っていた」
(安達阿記子選手)

圧力のチカラで(センター選手の指示の下)、感じるモノ集め(サーチして)発信しながら漂うモノ(左右に動くライトとレフトのプレーヤー)が、大きく引き離れたホントコロへと、エネルギー
放射発信する。示し(投球)が湧き出し生まれ出て凝縮から(=ディフェンスでボールを止めて)(又投球が)湧き出し生まれ出る。

センター選手の指示の下、力一杯、感じるモノを集めてサーチ力を発揮しながら、漂うプレーヤー(レフトとライトの選手)は、相手チームに向かって、「勝つ」という意志を集めて全力で投球する。投球が次々と涌き出し生み出され、又、ディフェンスしては、投球を涌き出し生み出す。

  • 守備と攻撃力を表現している。 
  • 視覚障害者の競技において、ボールや相手選手の動きを察するサーチ力を高めるには、視覚以外の全ての感覚器官を研ぎ澄ましておかなくてはならない

ボールが見える、
動きが分かる
(ボールガ ミエル、
ウゴキガ ワカル)

<新聞から>
1点リードで迎えた後半も集中力を切らすことなく、選手同士が声を出しながらボールの位置を確かめ、カバーしあい、貴重な1点を守り切った。

引き離されたボーモノを止めるチカラが、その実体移動させ(ボールを)止める。生まれ出て転がり入って来る(ボールの)エネルギーチカラ調和するチカラがそれを止める。

投球をセーブする。ボールが転がり入ろうとするエネルギーと受ける力を調和させて(跳ね返らないように力を吸収して)ボールを止める。 

  • 万全なる守備力を表現。選手たちは、試合中、ボールがハッキリと見えるようになってきたと述べていた。集中する事によって、視覚以外の機能が新たに開発されてきたのだろう。

守るぞ、ゴール、
破るぞ、ディフェンス
(マモルゾ ゴール、
ヤブルゾ ディフェンス)

受容(ディフェンスプレーヤー達)が、(左右に)漂って止めようと、(ボールがあわや)外れて転がり入るのをゴー止める。(試合時間が) 飽和する方に増えるにつれて止まり外れるモノ(投球)の、発信する意思がますます増えて(ボールに)強く移るがエン、(時間は終了へと)一方方向に進む。

ディフェンスで選手たちは、アワやというこぼれ球をカバーし、ボールを止めた。徐々に時間が経ち、中国チームも1点を挽回しようと、ますます激しく攻め続けるが、日本チームは全てをディフェンスする。残り3秒をカウントダウンして試合時間は終了する。

ロンドンパラの聖火の前で、
笑って友と そこに立つ!!

(ロンドンパラノ、セイカノマエデ、ワラッテトモト ソコニタツ)

<新聞から>
北京で7位に終わった。悔しさをバネに、苦しい練習にも耐えてきた。「あのとき、北京の聖火台の前に立って、『絶対に取り返す』と誓ったことが、今日実現できて本当によかった。ひとりの力では絶対に獲れなかった金メダル。『みんなにありがとう』の気持ちで一杯です」(小宮キャプテン)
<閉会式の入場行進>
2012ロンドンパラリンピックの閉会式の入場行進では、ゴールボールの小宮キャプテンがヘッドコーチに手引きされ、晴れ晴れと日本選手団の騎手を務めた。

大きな空間ロンが、大きく統合ドンし、引き合うで、時間をかけて背負ってきた意思チカラが、時間をかけた受容(長い間、練習を積んできた選手)に映り発信する。
調和集まって発信する統合を、漂わせるモノ一つになる。
各地から転がり入った(仲間となった)モノ達が、圧力の下(チームワークを持った1人1人として)、
そこに分れて集まっている。

2012ロンドンパラリンピックの閉会式で、スタジアムの大きな空間が一つになり、声援が交わされる場で、長い時間をかけて培ってきた意思のチカラが結実して努力してきた選手達に映り、発信している。その調和の場に、各地から集った日本女子ゴールボール・ナショナルチームの仲間が集っている。彼女たち一人一人の願いは、ここに本当に実現した!

注)ゴールボールの試合状況が分かるように( )内に多くの注釈を入れたが、
  「思念読み」のみでも、内容は十分に表現されている。

ロンドンパラリンピック大会2012・ゴールボールチーム金メダル受賞
閉会式:誓い通りに、聖火の前で笑って友とそこに立つ!

< 選手の一人からの感謝のメール:抜粋 >

吉野さんの愛があったからこそ私たちは思い切りコートでプレイができました。そうしてつかんだ金メダルです。宇宙一の母がいてくれたからこその世界一です。
言葉では感謝のしようもありません。本当にありがとうございました。
私もゴールボールはもちろん、人間としての成長にもっと磨きをかけていきます。吉野さんにいただいた愛を、私はこれから周りの方々やであった方々に、あげれる人間になりたいです。本当にありがとうございました。