カタカムナ研究家・吉野信子 オフィシャルサイト

カタカムナの世界

「カタカムナ」・・・忘れ去られた神の名が今、蘇る
 カタカムナとは、上古代の約1万2000年以上も前に、日本で栄えた高度な文明の名であるとされている。何故、縄文以前かというと、「カタカムナ文字」又は「カタカムナ文明」が存在したという痕跡は、縄文時代以降の遺跡や記録には全く見つかっていないからである。又、世界の古代文明でも、この様に、幾何学文字を渦巻き状に描き出すという類似文字は発見されていない。

 「カタカムナ」という神の名がこの世に甦ったのは、1949年(昭和24年)にカタカムナ文献の発見者であり、カタカムナ文字の解読者である楢崎 皐月(ならざき こうげつ)氏が、兵庫県六甲山系金鳥山付近で、大地の電位測定の為の調査を行っていたところ、「平 十字(ひら とうじ)」と名乗る猟師風の男性に出会ったことから始まる。

楢崎氏を気に入った平氏が、彼の祖先から、大切に受け継いできたという「カタカムナ神社」の御神体の巻物を楢崎氏に見せた。

カタカムナ ウタヒ 第5首
これが、「カタカムナ ウタヒ 80首」で、それらは上記の図のように、渦巻き状に綴られた幾何学的な文字であった。
平氏によると、「この御神体は、目にしただけでも、目がつぶれる」と言い伝えられてきたそうである。楢崎氏は、これを見た瞬間、彼が満州滞在時代に、老子教の「蘆有三(ロウサン)」という道士から聞かされていた、上古代に日本に存在したという「アシア族」の八鏡文字(ハッキョウモジ)ではないかと直感した。

そして平氏にその巻物の書写を願い出たのだ。平氏はそれを許可し、それから彼は、金鳥山の楢崎氏が居住する穴倉に御神体を毎日持参し、書写を見守ったという。この時、写し取られたモノが、「カタカムナ文献」として残されている。
その後、楢崎氏は、長年の研究を重ね、古事記その他の古文献を参考にし、カタカムナ文字の解読に成功した。

カタカムナ文献とは、カタカムナ ウタヒ80首からなり、基本的には5音・7音の区切りで詠われているコトから、日本の和歌や俳句の源流であると言えるかもしれない。
又、古事記の「上つ巻」に登場する御神名が、天石屋戸の物語のところまで、その順番でほとんど登場するので、古事記編纂で、稗田阿礼が誦習(ショウシュウ)した際に参考にしたという帝紀、旧辞の一つである可能性もある。

カタカムナ ウタヒの内容は、「カタカムナ」という生命の根源が、すべての生命、物質の核であり、そこからトキトコロが発信放射され、生命活動が維持されている・・・そしてこれは、宇宙の全ての物質、生命体の中に相似なる象(カタチ)として存在するという、その摂理が、潜象物理として描かれているのである。

写真提供:dr carl

「カタカムナ」という根源神は自分の中にある・・・

実はカタカムナの思念で日本の最高神である「アマテラスオホミカミ(天照大御神)」を読み解くと、「自分の命の奥に存在する力の実体」となるのである。
カタカムナという自分の根源神の中に天照大御神が住む。

…これが神道の神社では、御神体が、多くの場合「鏡」であることの意味ではないだろうか?
神社に参拝すると鏡に映った自らの天照大御神を拝する…という仕組みである。
何故なら、三種の神器の中でも、「鏡」は別格あつかい。天照大御神も古事記の中でこう仰っている。「この鏡は、私の御霊として、わが身を拝むように祭りなさい」・・・と。

神は「カタカムナ」という命の核の中に存在する…神を入れる核、「カタカムナ」・・・この神の名は、上古代から1949年に、楢崎氏がこの文献を発見し、それを「カタカムナ」と名付ける日までの遥かなる期間、全く失われていたのである。

日本の源流で、「生命が最高神である」と捉えた言霊文明「カタカムナよ、蘇れ!」と私は今、心から叫びたい!

吉野信子